bp_topbanner.jpg
トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせ取扱店カートの中







製品カテゴリーから探す
サイト内検索
キーワード
価格範囲
円〜

CSLR logo.gif

ストラップFAQ


・速写グライドストラップ#26010と快適スプリットストラップ#26020の違いは何ですか?


 両方ともスプリットストラップテクノロジー(Split Strap Technology)が特徴です。

 速写グライドストラップは他のスリングタイプのストラップと同様に、スライド機構付きです。
 速写グライドストラップは、カメラへの取り付けに別途C-LoopまたはC-Loop HDが必要です。
 速写グライドストラップは、カメラを素早く、容易に引き寄せることができるように、デザインされています。
 カメラはストラップをスムーズに滑り、素早く撮影ポジションを取ることができます。
 また、クイック接続バックルは簡単に脱着が可能で、ストラップとカメラを分離することができます。
 体に斜めがけをして使います。
 
 快適スプリットストラップにはスライド機構はありません。
 カメラ本体についている、一般的なストラップ取り付け金具に取り付けが可能です。
 C-Loopを使用して、取り付けることも可能です。
 多くの使い方に適合するよう、長い・短い2種類のストラップアタッチメントが付属しています。
 首から下げたり、肩にかけたり、体に斜めがけをして使います。
 


・速写グライドストラップの縦位置での利便性はどんな感じでしょうか?

 
速写グライドストラップのC-Loop接続部からクイック接続バックルのストラップベルトに通る部分
 までの寸法は、約10センチほどあります。
 これにより縦位置において一般的な一眼レフカメラでは、シャッターボタンを上下どちらで構えても、
 カメラの外側にストラップが出るように構えることができます。

 また、速写グライドストラップは必ずC-Loopと組み合わせて使用します。
 横、縦位置に関わらずC-Loopはスムーズに回転して確実にストラップをカメラから逃します。
 縦位置の場合でも以下の写真のようになり、取り回しは良好です。
 一部の方からは、特に縦位置において「ストラップが無くなったみたい」とご評価いただいております。

 なお、約10センチほどある部分の影響で、ぶら下げた時にカメラの位置が遠くになりがちですので、
 ストラップの調整はできるだけ短めを推奨しております。
 体の大きなアメリカ人にも対応するようにかなり長いストラップとなっていますので、取説記載の
 方法に従い、余りの部分はバッサリと切ってしまうことをオススメします。
 取説ページ
 
 シャッターボタンが上の場合です。
 (写真の機材はC-Loop+速写グライドストラップ、Canon60DEF70-200mm F4L IS USMです。)
 

 シャッターボタンが下の場合です。
 

 ※ご注意
 バッテリーグリップと併用した場合には、縦位置で握る際に邪魔になることがあります。
 (バッテリーグリップを取り付けて縦位置で握ると、握る部分に本製品が取り付けられているため)



・速写グライドストラップ#26010の強度、耐久性は十分あるのでしょうか?


 クイック接続バックルの耐荷重は約82kgです。それ以外の部分はそれ以上の耐荷重です。

 以下のテスト動画を参考にご覧ください(真似しないでくださいね)
  なお、女性の体重は非公開となっております。ご了承ください。





・Designed in California
・US and International Patents Pending