bp_topbanner.jpg
トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせ取扱店カートの中







製品カテゴリーから探す
サイト内検索
キーワード
価格範囲
円〜

CSLR logo.gif

C-Loop 回転ストラップマウントシリーズ 取り扱い説明

純正ストラップ#260102602016044との組み合わせでさらに快適に
M-PLATE PRO #26030を併用すれば三脚と同時使用が可能に

商品の性格上使用前には必ず点検を行い、ご使用者の責任のもとお取り扱い願います




■取り付け方法
1. C-Loopにストラップを取付けます。

2. C-Loopのカメラ接触面側にゴムクッションがあることを確認します。

3. カメラの三脚穴にC-Loopのネジをしっかりと締め付けて固定を確認します。
(C-Loop HDは付属の六角レンチを、ミニはコイン使います)

4. ご使用前には毎回、必ず異常が無いか点検を行ってからお取り扱い願います
(C-Loop HDは増し締め、取り外しのために、付属の六角レンチをキーホルダーに
取り付けて常時携帯してください。ミニは増し締めにコインが利用できます)

取り付け説明動画(最後にカメラを振り回していますが、真似しないでくださいね)


■使い方

標準タイプのストラップと組み合わせ

・標準タイプのストラップ使用時には速写性は特徴とはなっておりません。
・ストラップの干渉が無くなる(からまない)ことが主な特徴となります。

1. ストラップは首掛けまたは右肩掛けで使います。斜め掛けは推奨しません。
2. 首掛けの場合、C-Loopをお腹につけてレンズを下向きで使います。
   右肩掛けの場合、C-Loopを体の右側面につけてレンズを下に向きで使います。
   グリップが右側(右肩掛けの時は後側)になりすぐ持ち上げることができます。
3. 首掛け、右肩掛けともに、移動時はカメラに手を添えて保持してください。
4. HDは付属六角レンチ、ミニはコインを常時携行して下さい。


●C-Loop用オプション 速写グライドストラップ#26010と組み合わせ

1. ストラップは斜め掛けして使います。ストラップは短めに調整してください。


■メンテナンス方法
出荷時にはグリスが塗られているので、使用開始時に潤滑剤を補充する必要はありません。
ハンドル内蔵モデルでハンドルを上げた時、メインボディに白いものが付いていたらそれはグリスです。
気になる場合はティッシュ等で拭きとってください。

ご注意:
C-Loopは頻繁に使用したとしても、ごくわずかの潤滑剤で数ヶ月はスムーズに回転します。
グリスの効果がある内に潤滑剤を塗布すると、グリスを溶かして流してしまうことがあります。
この場合、かえって回転が悪くなることもあります。
長期間使用して、回転がスムーズでなくなった場合などに、必要に応じて以下の手順に従い
潤滑剤を補充してください。

手順

1. お好きな潤滑剤(CRCやWD-40など)を回転部の隙間に少量塗布します。
回転部分の隙間は狭く、奥の方になります。明かりにかざすなどして横から隙間を確認してください。
lubegap-s.jpg

2. 潤滑剤を塗布後に数回、回転させてしっかりと浸透させてください。
隙間からにじみ出る余分な潤滑剤をティッシュ等で拭きとってください。


■参考動画
C-Loopの商品単体クローズアップ